トップページ > 皆さまの疑問に答えます〜介護のハテナ〜

皆さまの疑問に答えます〜介護のハテナ〜

介護のこと、よくわからないから不安

  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3
line
CASE1 親が要介護認定されちゃった!「今スグ入れる?ずっと入れる?」

特別養護老人ホームへの入居待ち、いわゆる待機老人が全国で社会問題になっています。

入居まで平均約400日以上待たないと入れないと言われている程、希望者が殺到している特別養護老人ホーム(以下、特養)。毎月かかる費用が少ないことが人気の理由です。しかしながら希望者が増える一方、受け皿となる施設数が一向に増えないため、いつ入居できるか分からないという問題はなかなか解消されていません。

医療行為ができない場所では最後を看取ることができません。

特養の経営を許されているのは社会福祉法人だけ。つまり医療行為ができないので、病気になったり、最期を看取る時には医療施設に入らないといけません。結果的に、せっかく長期間に渡り順番待ちして入居しても、将来の病状によっては退去しないといけないケースもありうるのです。

藤和会の介護

グループホームも、サービス付き高齢者向け住宅も、いわば患者様のご自宅。自宅では医師の【訪問診療】を受けることができるので、最期の看取りの場としても十分選択可能なのです。
もちろん希望者の方、より症状の重い方には療養病床で過ごすという選択肢も。急性期病棟への入院と異なり、療養病床は3カ月で退院する必要もないので、その方の症状にあわせてゆったりと治療に専念していただけます。グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、療養病床など、様々な老後の選択肢をご用意しているわたしたち医療法人藤和会。すべては「患者様、利用者様を最期まで見守りたい」との思いが基礎となっているのです。

  • 藤村病院
  • おだやか
  • なごやか
line
CASE2 子どもに面倒はかけられない・・・「月額いくらかかるの?」

最初に大きなお金がひつようなのっは、やはり不安。

入居時の費用は施設により様々です。有料老人ホームはもちろんのこと、サービス付き高齢者向け住宅でも、数百万にのぼる高額な入居費用がかかる施設も少なくありません。

入居時に払った敷金は、原則返ってくるお金です。

どのサービス付き高齢者向け住宅でも敷金はご退去の際、必要な修復費を差し引いてご入居者様へとお返しするお金です。いつか手元に戻ってくるとはいえ、ご負担が少ないにこしたことは無いですよね。

藤和会の介護

私たちが運営するサービス付き高齢者向け住宅「おだやか」では、経済的ご負担と快適な生活環境、どちらもバランスよく考えて初期費用・入居費用を設定致しました。
【“おだやか”の入居時に必要な敷金は168,000 円】
一般的な不動産物件と同様、ご入居時にお支払いいただいた敷金はご退去の際、必要な修復費を差し引いてご入居者様へとお返しします。「おだやか」の敷金はあくまで信頼関係を表す形のひとつとして、極力低めに設定してあります。

あえて、細かい料金設定

仮に年金だけでまかなえる入居費用なら、ご家族へのご負担も少なくなるはず。
月々にご負担可能な費用はご入居者様により様々なので、食費は食べた分だけお支払いいただけるよう、朝・昼・夜と個別に料金設定しています。ご入居者様もご家族様も、無理なく「おだやか」での生活をお楽しみいただけるように。詳しい諸経費については、スタッフまでお気軽にご相談ください。

  • おだやか
line
CASE3 主人が亡くなって一人暮らし・・・「何を基準に選べばいい?」

同じ「サービス付き高齢者向け住宅」と言えど、経営母体はさまざま。

特養を運営出来るのは、社会福祉法人だけですが、それ以外のサービス付き高齢者向け住宅や、有料老人ホームは様々な企業が運営しています。私たちのような医療法人もあれば、不動産会社、介護用品メーカーさんなど、様々な業種が参入しています。

経営母体が変われば、施設の特徴も変わります。

不動産会社が運営している施設は設備が豪華、介護用品メーカーが運営する施設は新しい介護用品が充実しているなど、経営母体によってその特徴は異なります。
サ高住として認可されるために必須なのは1:安否確認や生活相談などのサービスがあること、2:高齢者の安心を支えるバリアフリー構造であること。この2点だけです。
つまり設備を重視するのか、価格を重視するのかー。同じサ高住でも人によって「良い施設」は、異なるものなのです。

藤和会の介護

私たち藤和会は医療法人。藤村病院を核として居宅介護支援・通所リハ・ショートステイ・訪問(診療・看護・リハ)、グループホーム事業、鍼灸院など、自立した老後の生活から最期の看取りの瞬間まで、ずっと見放すこと無く、見守り続けられる医療体制が最大の特徴です。

ここ郡山の地元に根付き、療養病床を守り続けてきました。

1975年に藤村病院を創設して以来、ここ奈良県郡山の地で、「かかりつけ医」の役割を果たしながら、地域医療に専念してまいりました。ご利用者様や患者様には、個別の症状・ご希望に応じて柔軟な医療サービスをご提供できるよう、当グループ内だけでなく、昔から築いてきた地域医療ネットワークも駆使して、最善の医療体制を構築しています。

  • 藤村病院
  • おだやか
  • なごやか
line

PAGE TOP